阿闲闲闲闲闲闲

具体几个闲主要是看完我手抖打了几次x

摘抄2

手机打字太麻烦了直接从电脑贴过来的。大概会慢慢用手机写点什么。

听着mamo第一次去武道馆的live,看后半段的时候笑场好几次(等等?


世間の難解は、個人の難解、大洋《オーシャン》は世間でなくて、個人なのだ、と世の中という大海の幻影におびえる事から、多少解放せられて、以前ほど、あれこれと際限の無い心遣いする事なく、謂わば差し当っての必要に応じて、いくぶん図々しく振舞う事を覚えて来たのです。

世人的难懂就是个人的难懂,大海指的不是世人,而是个人。我从对世人大海这片幻影的害怕中,多多少少获得了解放,还觉得不要像以前一样对人面面俱到,事事用心.只要配合目前需要,做些不要脸的行径就好了。


おそろしい筈の「世間」は、自分に何の危害も加えませんでしたし、また自分も「世間」に対して何の弁明もしませんでした。

理当害怕的“世人”对我再无伤害,而且我再也不用对“世人”辩解些什么。

 

自分は世の中に対して、次第に用心しなくなりました。世の中というところは、そんなに、おそろしいところでは無い、と思うようになりました。

我逐渐对这个世界不再小心翼翼,开始觉得这世界并没有这么可怕。 

 

不幸。この世には、さまざまの不幸な人が、いや、不幸な人ばかり、と言っても過言ではないでしょうが、しかし、その人たちの不幸は、所謂世間に対して堂々と抗議が出来、また「世間」もその人たちの抗議を容易に理解し同情します。しかし、自分の不幸は、すべて自分の罪悪からなので、誰にも抗議の仕様が無いし、また口ごもりながら一言でも抗議めいた事を言いかけると、ヒラメならずとも世間の人たち全部、よくもまあそんな口がきけたものだと呆《あき》れかえるに違いないし、自分はいったい俗にいう「わがままもの」なのか、またはその反対に、気が弱すぎるのか、自分でもわけがわからないけれども、とにかく罪悪のかたまりらしいので、どこまでも自《おのずか》らどんどん不幸になるばかりで、防ぎ止める具体策など無いのです。

不幸。这世界上有着各式各样不幸的人,不,应该全都是不幸的人,这么说一点也不过分。但那些人的不幸却能光明正大地对这所谓的世界抗议着,而这世界也能轻易地理解这些抗议,进而产生同情。但我的不幸却全都是缘自于我自己本身的罪恶,不但没法儿对谁抗议,若是刚要结结巴巴地说出一些抗议之声,就算不是比目鱼,这世界上所有的人肯定都会对我所说的话感到无言以对,我到底是不是俗世所谓的“任性家伙”?还是显得太过软弱了?

 

「私たちの知っている葉ちゃんは、とても素直で、よく気がきいて、あれでお酒さえ飲まなければ、いいえ、飲んでも、……神様みたいないい子でした」

“我们所认识的阿叶非常率直、非常机灵,若是不喝酒,不,就算喝了酒……他也是个像天神般的大好人。”


xjb扯感想(太冷了我可能写到一半就钻被窝睡觉了x

其实我没看太仔细。我用电脑看就是会一目十行看得飞快。纸质书字又太小,下次用手机看。

看到最后才想起来这是主角收到的手札。突然就想起了废狗的剧情——最近在玩国服,耐下心看了看剧情。记不清是哪一章了,医生对马修说,你把现在经历的事情记下来,等人理修复之后可以拿去出书呢。


不行听着mamo的歌完全写不下去了。不过以后丧了倒是可以听听他的歌。


这本书我暂时算是看完了,短期大概是不会再碰了。

原本打算按照出版顺序看太宰的书,感觉这件事可以提上日程了。

——哦等我看完明天的特典。

评论

© 阿闲闲闲闲闲闲 | Powered by LOFTER